サザエさん並のプラス思考で、時に妄想癖&メガネ狂。 好きな音楽や、思い出し笑いの日常を。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
同窓会・act2
2010-08-13 Fri 18:14
引き続き 同窓会のお話であります。恐縮です。


遠方からかけつけてきてくれたりして出席率が高かったのですけど

やはり地元勢が過半数を占めておりました。

若くして家業を継いだ若旦那、

転勤族になり明日は青森へ引越しだ!という人、

クラスメイトで結婚した二人、

そして偶然にもクラスメイトの妹と結婚したので兄弟になった!という二人、

(何だか悔しいのでお兄さん、とは呼んだことがないと言っていた・・・)

まだまだ独身を謳歌している数人・・・・



学年で相当にモテていた彼もいたのですけど 何だかやけに枯れた人になっていて

女子はみんな驚きとがっかりに包まれていました。

ものすごーーーーく出世した男子もいましたが スゲーなぁ、とか言いつつ

だけど特にチヤホヤもしない、それが地元の同級生なのかもしれませんね。

そして昔からおべんちゃらを使っていた男子Mは ぬけがけのように先生にがっつりお土産を持参。

嫌な野郎は大人になっても嫌な野郎のままでした。








同窓会、というと 何だか甘い罠がありそうな予感で臨んだんですが

みんなお互いに 青くて 恥ずかしくて すっぱい時代を知っているので

今更なぁ~~という雰囲気になり 下心なんて煩悩は消え去っていました。






でも隣に座った 見違えるほど精悍になった下村くんとアド交換なぞしていたら

幼馴染のドクター見習いが 『 おっ! 何か怪しげなことしてますね、僕も・・・』 とか言い出したのですが


『 キミはお隣さんだから 用事があったらウチへ来なさい。』 と言ってしまいました。

なので 玉の輿には乗れなくなりました。




しかし 甘酸っぱいおもいでの彼が来ていたら ワシは

ラブアゲイン、などということもほざいていたのかもしれないなぁ。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<8月15日の記事より | ††月の指輪†† | 同窓会・act1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ††月の指輪†† |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。