サザエさん並のプラス思考で、時に妄想癖&メガネ狂。 好きな音楽や、思い出し笑いの日常を。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
甘酸っぱいおもひで act・1
2009-06-22 Mon 21:49
ふと 頭に浮かんだ、中学の同級生(むろん男子)。

パソコンの前にいたワシは なんと そいつの名前をググってみた。

だってそいつは その頃から抜きん出た秀才だったから

さぞかし今は出世しているんだろうなぁ・・・・と思ったのである。



・・・・どんどん検索結果が出てきた。

やはり彼は タダモノではなかった。

大企業の開発部でいくつかの発明をして特許も取得していた。

予想以上の出世に ワシは狼狽した。

だってワシは 中学の卒業式に彼に告ったんだもの・・・。



当時の彼のあだ名は 『博士』。 教師も一目置くほど頭脳明晰だったが変人であった。

それでもワシは彼が好きになった。

思えばワシの変人好きは この頃すでに完成されていたのだなぁ、と今思う。

変人だったのでライバルはいなかった。(多分)

彼もワシもそれぞれの志望校に合格したと判ったその日、ワシは彼に告白しました。

彼は 絵に書いたようなポカーンだったけれど いくぶん赤くなって

『 よろしくお願いします。』 と言った。


             つづく。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0
| ††月の指輪†† |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。